概要: 何が含まれているか

このドキュメントは作業中です。リリース前の情報であり、変更される可能性があります。

pwa-starter-kitは、PWAを構築するための出発点として使用できる一連のテンプレートです。デフォルトのテンプレートをそのまま使用すると、次の機能が提供されます:

他のテンプレート

あなたが何をやっているのかが分かっていて、別のテンプレートを使いたいと思っているならば、いくつかのテンプレートが用意されています:

template-typescript (code, demo)

このテンプレートは masterテンプレートと同じですが、 TypeScriptを使って実装されています。

template-minimal-ui (code, demo)

このテンプレートは masterテンプレートのような状態管理のためにReduxを使いますが、レスポンシブUIには app-layout要素( app-header app-drawer)を使いません。

template-no-redux (code, demo)

このテンプレートは masterと同じUI要素( app-layout要素、テーマなど)を持ちますが、状態管理のためにReduxを使用しません。代わりに、データソースが変更可能で、個々の要素(具体的には、各ビュー)がアプリケーション状態全体はプロパティーダウンイベントアップ単方向データフローアプローチとなります。

template-responsive-drawer-layout (code, demo)

このテンプレートは masterテンプレートと非常によく似ています。つまり、状態管理のためにReduxとすべてのUI要素を保持しているという意味でです。主な違いは、ワイド画面レイアウトでは、内容とインラインで’app-drawer`が表示されることです。

pwa-helpers

pwa-starter-kitの再利用可能な機能の多くは、すでに別のリポジトリにヘルパーメソッドとして提供されています。pwa-helpersには:

これらのヘルパーはそれぞれ非常に小さく、さまざまな方法で実装できます。しかし、それらはそれぞれ異なるアプリケーションで必要とされる機能を持っています。アプリ用まだ実装を用意していない場合は、これらのいずれかを使用できます。